2つのストーリー②

2019年11月18日 09:44
カテゴリ:2つのストーリー

それから、2017年4月のある日、
事態は少しずつ動き始める。



1人の女性からLINEが来た。

「今度、結婚することになりました。
結婚式に来て欲しいです!」

その女性は、長崎に住んでいる。
2015年に、一念発起したわたしは、
とあるリラクゼーション業の研修に参加した。
彼女は、そのときの同期メンバーの1人。
同期メンバーのほとんどが、わたしよりも
10歳以上、年下の女の子たちで、
みんな、わたしのことを「いくさん、いくさん」
と慕ってくれ、厳しい研修に耐え、
試験に合格した仲だ。
彼女も笑顔の素敵な、またすごくしっかりした
女性だ。

彼女からの嬉しい報告を受け、
2017年の10月に、長崎に行くことが決まった。



さて、時は、2017年の5月に入った頃だったろうか。

2つ目のキーワードが、
わたしの元へ来るようになる。

それが『龍』。

見る文字、聞く言葉、
『長崎』と同じくらいの頻度で
わたしのもとに飛び込んでくる。

『長崎』『龍』…

一体、何の意味があるのだろうか…?

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)