わたしにとって「稼ぐ」とは。

2021年02月08日 22:00
カテゴリ:日々綴り

去年までの約3年間、
「稼ぐ」ということに、とても苦しみました。

わたしは
稼ぎたくてサロンをオープンしたわけではなく、
また、
稼ぐためなら、このサロンにこだわる必要もないだろうと思っています。


わたしがやっていることは、
稼ぐためには、むいてないことだと思います。


これまでたくさんの人の、命、そして人生の
彩りにチカラを注いできました。

でも、
そこに値段(料金)は、つけられないのです。

数年かけて、自分と向き合い、周りと向き合い、
乗り越えて、生きることを選択した人に、
「はい、では、これまでの時間を換算して、
1億円です。」
と言ったところで、成立なんてしません。


お金に換算したら
そりゃ値段がつけられないほどのことを
やってきたと思っています。

だからといって
お金を稼いでるわけではありません。

3年ほど、悩みに悩んで
本当に苦しかった。

クライアントさんの
ビジネスには、たくさんの助言を
してきましたが、
それと、自分は、かけ離れていると
いつも思っていました。


結局
わたしは、お布施をいただくのだ。
と、腑に落ちたのです。


それともう一つ。
世の中の「成功」というものが
お金
で表されていること。
そこに、わたしも合わせないと
いけないのかな?
と思っていたのです。


わたしというものを
認められたいために
「稼ぐ」
ということに
こだわっていたのだと思います。

でも、実際には
誰も、わたしを
お金
で評価してないんですよね。


そこに
改めて気づいたら
苦しかったことから
一気に、抜け出た感じがします。


損得勘定で見ると
こんなことは
本当にバカらしくて
絶対にできないと思います。


わたしは
わたしにしか、できないことをしている。


周りの評価がどうあれ

それが、わたしですから。


そう思えたら、
ものすごく気分が良くなりました。



大きなリセットができました。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)