2つのストーリー⑩

2019年12月21日 12:17
カテゴリ:2つのストーリー

近くの駐車場に車を駐めて
会場に向かって歩く。

初めて来た 長崎くんち の会場

すごい‼︎出店屋台がズラリ‼︎

子どもの頃から、お祭りの出店屋台が
大好きなわたしにとっては
ここは本当にパラダイスだ。

あっちもこっちも
向こうの方までずっと
出店屋台が並んでいた。

出店屋台の間をどんどん進んでいくと
まっすぐ行く道と、左に行く道と
分かれ道に差し掛かった。

んー…

なんとなく左の道を選んだ。
その道を進むと

『ゆめタウン』というショッピングモールの
裏側に出て、そこは『大波止』という地名の
ところで
広場のようになっていて
そこがメイン会場であることが
わかった。

その会場の奥に
『諏訪神社』の御神体?を御神輿に
乗せてきているといった様子で
その御神輿に向かって
大勢の人がお参りをしていた。

わたしも
せっかく来たので
その列に並ぶ。

すると、横に並んでいた2人の女性の会話が
聞こえてきて

「毎年、すごい人でさぁ…
去年とか、お参りできないほどの行列で
お参りするの諦めたんだよー
今年は、すいすい進んで、珍しいわぁ。」

〜なるほど。そうなんだ…
じゃあわたしは、ラッキーなんだな…〜

そんなことを思いながら、
御神輿の前に行き着く。


お賽銭を投げ、手を合わせ、
自己紹介をし、

〜大分から来ました。わたしと長崎、
そして龍…。一体、なにがあるのですか…?」


尋ねた。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)