2つのストーリー(13)

2020年01月23日 12:05

『神ノ島教会』は
湾の端っこに位置して

小高い場所に建てられていた


その真向かいに
小さな岩山?があった

わたしはふと
大阪のY子のことを思い出す

〜Y子なら この景色を
覚えているのでは…?Y子なら…〜


その岩山が見える景色を写真(※1)に撮り
Y子にLINEで送った


Y子の返事は
「んー…知らんなぁ…
ただ…わたしは そこに行きたくない
と思う…」

というものだった

〜そうか…知らないか…
…いや知らないのではなく 忘れている…〜


そんなことを考えながら
わたしは
階段をのぼり
教会へ向かった


首の左側は まだ痛む…


教会の入り口付近にたどり着くと
入り口のところの岩山の側面に
マリア像
がたっていた

わたしは そのマリアにあいさつをした

教会の入り口前には
おそらく小学生の総合学習か何かの
学習のまとめが貼り出されてあった(※2)


それを読むと…


"400年前の同じ10月に
2人のクリスチャンの男性が
首を斬られて殉教している"


わたしは
ハッとした

わたしのこの首の左側の痛みは
この2人のどちらかだ…‼︎


しかし わたしは
この土地になんの関係も無さそうなのに…


なぜ
わたし
ここに来たの…?



わたしは
少し緊張しながら

教会の中へ入って行った

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)